W0719 人権(同和)教育 科目最終試験(2014年度)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数352
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    W0719 人権(同和)教育  2014年度 科目最終試験です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    W0719 人権(同和)教育
    63 人権教育の定義(人権教育のための国連10年)を100字以内でまとめ、これを踏まえた人権(同和)教育のあり方について論じること(3)
    64 50年に及ぶ戦後同和教育のあゆみと意義について論じること。
    65 学校教育における人権(同和)学習のあり方について実践にふれながら論じること。(2)
    66 部落問題解決に向けて戦後50年ほどのあいだに進められた取組(教育以外)について論じること。(3)
    67 人権教育と同和教育の関連について論じること。
    72 宣言・綱領・決議や設立の経過・意義などから「全国水平社(1922年3月3日創設)」について論じること。
    W0719 人権(同和)教育
    63 人権教育の定義(人権教育のための国連10年)を100字以内でまとめ、これを踏まえた人権(同和)教育のあり方について論じること(3)
     国連決議を受けた事務総長報告では、人権教育の定義を「知識とスキルを分かち伝え、態度を育むことを通じて、人権の文化を世界中に築き上げることを目的とする教育・訓練・情報提供の取組である」つまり、これからの人権教育の在り方について宣言や条約の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。