W0103 社会福祉史 科目最終試験(2014年度)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数423
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    W0103 社会福祉史 2014年度 科目最終試験です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    W0103 社会福祉史
    63 日本における1960年~70年代初期にかけての社会の現代的成熟と社会福祉の展開について説明せよ。(2)
    64 明治後半期に本格化する民間の慈善事業について、具体例をあげながら、近代日本の慈善事業の特徴と問題を述べよ。(2)
    65 昭和の大恐慌の時期に成立した救護法(1929年制定)について、その内容と特徴について説明せよ。(2)
    66 大正期に成立した方面委員制度について、その地域委員としての意味にふれながら説明せよ。(2)
    68 1930年代以降に展開されていく戦時下の厚生事業について、その内容と特質を説明せよ。
    72 地域の相互扶助の制度化である江戸時代の町会所救済について述べよ。
    W0103 社会福祉史
    63 日本における1960年~70年代初期にかけての社会の現代的成熟と社会福祉の展開について説明せよ。(2)
     1960年代を通じて、社会福祉制度は拡充されたが、財政的な裏付けに厳しく、施設が不足した。特に、障害児や保育施設の不足が深刻であった。施設の社会化も議論され始め、施設内で援助を完結させず地域の資源として位置付けていくことであった。こうした認..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。