少子高齢化について女性視点からの考察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,946
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「高齢化」とは何か?
     高齢者は65歳以上の人を指します。高齢化率は年々上昇しており昨年の統計では、過去最高を更新しました。
    〈グラフ1参照 厚生統計情報 http://web.pref.hyogo.jp/fukusijo/index.htmより引用〉
    「少子化」について 
     合計特殊出生率(女性一人が生涯に出産する子供の平均数)が低下している事を少子化と言います。
    〈グラフ2参照 少子化情報 http://www.ipss.go.jp/syoushika/syindex.htmより引用〉
    「少子化と高齢化の関係」
     平均寿命が延び、少子化になれば高齢化率は上がります。出生率が下がったのは女性に変化があったと考えられます。昔は男女間で賃金格差があり、結婚しなければ生活は不可能でした。しかし男女格差が縮まり、社会進出し、経済力が高まりました。その為、結婚せずとも生活可能になりました。
    結婚しても、子供はいらない、1人でいいという夫婦が増えています。何故なら、経済的負担、価値観の変化などが挙げられます。子供が家業の働き手、老後の保障をする存在だった時代には、経済的価値がありました。晩婚であっても、それなりの数の子供を生む物でした。今はそうではありません。
     今では、逆に経済的負担が上がっています。1人の子供が自立するまでの負担も増しています。
    〈グラフ3参照 オールアバウトジャパンhttp://allabout.co.jp/より引用〉
    「何故少子高齢化が問題なのか?」
     年金で考えてみます。今、高齢者1人を3・9人で扶養しています。しかし2030年には2人で1人、2050年には1・5人で1人を扶養する事になります。この為、医療や年金などが影響を受けます。特に公的年金制度は、現役世代が老後世代を支える為、影響を受けます。現役世代の負担増を抑えつつ、給付を減らすといった変更は避けられません。他にも経済への、影響も徐々に出てきます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    最近では「少子高齢化」という問題が取り上げられています。
    「高齢化」とは何か?
    高齢者は65歳以上の人を指します。高齢化率は年々上昇しており昨年の統計では、過去最高を更新しました。
    〈グラフ1参照 厚生統計情報 http://web.pref.hyogo.jp/fukusijo/index.htmより引用〉
    「少子化」について 
    合計特殊出生率(女性一人が生涯に出産する子供の平均数)が低下している事を少子化と言います。
    〈グラフ2参照 少子化情報 http://www.ipss.go.jp/syoushika/syindex.htmより引用〉
    「少子化と高齢化の関係」
    平均寿命が延び、少子化になれば高齢化率は上がります。出生率が下がったのは女性に変化があったと考えられます。昔は男女間で賃金格差があり、結婚しなければ生活は不可能でした。しかし男女格差が縮まり、社会進出し、経済力が高まりました。その為、結婚せずとも生活可能になりました。
    結婚しても、子供はいらない、1人でいいという夫婦が増えています。何故なら、経済的負担、価値観の変化などが挙げられます。子供が家業の働き手、老後の保障をする..

    コメント3件

    kitty1538 購入
    参考になった
    2006/07/18 9:58 (10年4ヶ月前)

    koki515 購入
    参考になりました
    2006/07/25 3:59 (10年4ヶ月前)

    donghao 購入
    まあまあ
    2007/01/18 15:13 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。