評価制度の新しい在り方について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数307
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     現在の日本において、今までにあったような年功序列制や終身雇用制度といった人事制度が失われつつあります。このような状況の背景には、新しい評価制度である、成果主義といった評価システムの台頭や年俸制などといった、新しい人事制度が多くの企業に導入されつつあるのが要因です。
     この新しい評価システムが重視されてきたのは、その新しい人事制度において、従来のような一人の社員を上司がその社員の能力を判断するという、評価ではなくなった、という点が挙げられます。社員にとっても、その下された評価に納得が出来るという点、またその評価に対する正当性が存在しているという点に重点が置かれているために、一方的な評価だけではなく、多方面からの評価を行うことによって、より公正さを追求した多面的評価が注目され始めています。これは、より多くの視点から社員を評価するというシステムは、多くの人の判断によって出された評価によるものなので、公平な評価ができる手法というものです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    評価制度の新しい在り方について
     現在の日本において、今までにあったような年功序列制や終身雇用制度といった人事制度が失われつつあります。このような状況の背景には、新しい評価制度である、成果主義といった評価システムの台頭や年俸制などといった、新しい人事制度が多くの企業に導入されつつあるのが要因です。  
    この新しい評価システムが重視されてきたのは、その新しい人事制度において、従来のような一人の社員を上司がその社員の能力を判断するという、評価ではなくなった、という点が挙げられます。社員にとっても、その下された評価に納得が出来るという点、またその評価に対する正当性が存在しているという点に重点が置か..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。