固定相場制の定義について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数702
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    固定相場制とは、通貨の交換比率である為替レートを一定の水準に固定・維持する制度のことを指しています。為替相場の変動を、固定もしくはごく小幅に限定する制度です。IMF体制下では、多くの国が変動為替相場制を採用しています。しかしながら、発展途上国では、自国経済と通貨の安定のために固定相場制を取っている国が存在します。経済的な基盤が弱い国や不安定な国においては、通貨レートを変動性に変更してしまうことによって引き起こされるショックにより、ちょっとした経済変動で為替レートが大きな影響を受けてしまいます。その影響により、さらなる経済不安にさせる要因として働いてしまう可能性が高くなってしまうため、固定相場制を選択しているのです。固定相場制には、特定通貨との為替レートを一定に保つペッグ制と、複数通貨の平均値との為替レートを一定に保つバスケット制があります。
    ときに経済に急激な変化が現れると、国境を越える資本の移動も急激に加速してしまう事態が起こってしまいます。そのような急激な資本移動の値動きに対しては通貨の需要と供給を、中央銀行が調整して変動幅を守ろうとする行為を行います。 
     しかしながら、投機的な力も加わり基準となる平価を維持できなくなることも多々存在しているのも事実です。そのような場合に限っては、IMFとの協議を行った後に、平価を変更することが可能になっています。当該国において、平価調整により通貨の切り下げを行うことや、または、切り上げを行って、基準の安定化を図っているのです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     固定相場制の定義について
      固定相場制とは、通貨の交換比率である為替レートを一定の水準に固定・維持する制度のことを指しています。為替相場の変動を、固定もしくはごく小幅に限定する制度です。IMF体制下では、多くの国が変動為替相場制を採用しています。しかしながら、発展途上国では、自国経済と通貨の安定のために固定相場制を取っている国が存在します。経済的な基盤が弱い国や不安定な国においては、通貨レートを変動性に変更してしまうことによって引き起こされるショックにより、ちょっとした経済変動で為替レートが大きな影響を受けてしまいます。その影響により、さらなる経済不安にさせる要因として働いてしまう可能性が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。