集団援助技術の原則と過程について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数116
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     集団援助技術の原則と過程について
     集団援助技術は、社会福祉援助技術の体系にしたがうと、直接援助技術、間接援助技術、関連援助技術のうち、利用者自身への直接的な二つの固有な方法による伝統的な特徴のある直接援助技術によって構成されている①個別援助技術、②集団援助技術のうちの1つである。そして、「集団」を構成する「個人」同士の間に働く相互作用を活用して、「個人」一人ひとりの問題を解決させ、ニーズの充足を達成するための技術・方法である。
     その集団援助技術における原則として、バイステック(Felix P. Biestek)の考案した、援助者と利用者の間に信頼関係を築く原則「バイステックの7原則」が代表的である。
    個別化の原則→個人によって相談内容や求める援助が異なるので個々のクライエントの求めるニーズに応えること。
    意図的な感情表出の原則→クライエントの長所だけでなく短所も気づかせ、考えていることや思っていることを全て吐き出せるようにすること。
    統制された情緒的関与の原則→クライエントに感情移入することなく、一歩引いて共感し、客観的に問題を把握すること。
    受容の原則→批判などをせずに、クライ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。