心理学実験法についてまとめ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数436
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     心理学実験法についてまとめ、自分の問題意識に沿った実験のテーマや方法について考察せよ
     現象に意図的統制を加え、人為的に設定した条件のもとで観察することを実験という。心理学実験は、自然のままではとらえにくい人間の心理現象を単純化し、観察することでなにがその事象の本質的な要因であるかを追求することができる。そして、それを反復して行うことにより、正確な実験結果を得ることができる。この長所を利用・活用することで様々な実験結果をより正確に得ることができるので心理学実験は心理学における研究方法として多く用いられている。観察という研究方法もあるが、しばしば多くの要因を含んだ状況の中で行われることが多いので、個々の要因と観察された結果が明確に現れにくく、同じ状況での反復的観察が行えないため、なおさら明確な結果が得られにくい。その欠点を補っている実験という方法は心理学の研究において最も適しているといえる。
     ではどのようにして実験は行われていくのだろうか。これからその行程そして手続き等について説明する。
     実験には多種多様の方法が存在するが、ここでは「ストループ効果」を例に用いて説明する。
    目的
    こ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。