ノーマライゼーションについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,797
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     ノーマライゼーションについては、N.E.バンク・ミケルセンが述べている「ノーマライゼーションとは基本的には種々のドグマ、特に何世紀もの間、知的障害の人々を困らせてきた保護主義に対する攻撃であった」「知的障害者もほかの市民と同じ権利と義務を持つべきである」などがそれを指している。そもそもノーマライゼーションの原型はデンマークで制定された「1959年法」にある。これには、障害者に対して「できるだけノーマルな生活状態に近い生活を作り出すこと」というノーマライゼーションの理念が記されている。この法律を制定させることに力を注いだのが先に述べたN.E.バンク・ミケルセンである。1968年にはスウェーデンでも同等の法律が制定された。その法律でノーマライゼーションを定義したB.ニィリエは「知的障害者の日常生活の様式や条件を社会の主流にある人々の標準や様式に可能な限り近づけること」と述べている。そしてニィリエは「8つの原理」を提示した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ノーマライゼーションについて
     ノーマライゼーションについては、N.E.バンク・ミケルセンが述べている「ノーマライゼーションとは基本的には種々のドグマ、特に何世紀もの間、知的障害の人々を困らせてきた保護主義に対する攻撃であった」「知的障害者もほかの市民と同じ権利と義務を持つべきである」などがそれを指している。そもそもノーマライゼーションの原型はデンマークで制定された「1959年法」にある。これには、障害者に対して「できるだけノーマルな生活状態に近い生活を作り出すこと」というノーマライゼーションの理念が記されている。この法律を制定させることに力を注いだのが先に述べたN.E.バンク・ミケルセンで..

    コメント1件

    rabbiter 購入
    参考になりました
    2007/03/18 20:16 (9年8ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。