電子署名と法律

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数778
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    私は、情報化社会における問題の中でも、電子的な記録、とりわけ電子認証(署名)のことについて取り上げようと思う。
    このことについては、今回授業ではあまり詳しくはとりあげられなかった。
    そこで、内容を整理しながら論じていこうと思う。
    電子署名とは、一般的には「暗号技術を使って電子文書の発信者の同一性・情報の非改ざん性を確保・認証する方法」(?p149引用)である。
    「電子署名及び認証業務に関する法律」(以下、電子署名法)では、電子署名の要件を次のように定めている。
    「一 当該情報が当該措置を行った者の作成に係るものであることを示すためのものであること」
    「二 当該情報について改変が行われていないかどうかを確認することができるものであること」
    (電子署名法第2条1項より引用)
    一般的に使われる電子署名は、デジタル署名と呼ばれる非対称鍵暗号技術を応用したものである。
    デジタル署名は巧妙な方法で「署名」を実現するが、現段階では完全に安全とはいえない。
    現在の方式は、計算の困難性を基礎にしており、安全であるという絶対的な証明はないのである。
    容易に計算できる解読法が見つかる可能性はゼロとはいえない。
    また、将来には情報技術の発展によって簡単に解読できることも予想できる、
    よって、デジタル署名を電子署名として用いてよい、とは言い切れない。
    「複数種類の暗号や暗号に頼らない安全策を併用するなどして対策をとることが必要である」。(?p134引用)
    別の技術としては、「バイオメトリック認証」と呼ばれる技術がある。
    これは指紋、網膜や静脈など生体の情報を認証に用いる方式である。
    安全性はかなり高いといえるが、一部の方法では偽造技術などに弱いものがあることも知られている。
    さらなる技術の発展が望まれると共に、それに対する一定の法配慮が必要だ。
    ここで技術的中立性について考えてみたい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    私は、情報化社会における問題の中でも、電子的な記録、とりわけ電子認証(署名)のことについて取り上げようと思う。
    このことについては、今回授業ではあまり詳しくはとりあげられなかった。
    そこで、内容を整理しながら論じていこうと思う。
    電子署名とは、一般的には「暗号技術を使って電子文書の発信者の同一性・情報の非改ざん性を確保・認証する方法」(①p149引用)である。
    「電子署名及び認証業務に関する法律」(以下、電子署名法)では、電子署名の要件を次のように定めている。
    「一 当該情報が当該措置を行った者の作成に係るものであることを示すためのものであること」
    「二 当該情報について改変が行われていないかどうかを確認することができるものであること」
    (電子署名法第2条1項より引用)
    一般的に使われる電子署名は、デジタル署名と呼ばれる非対称鍵暗号技術を応用したものである。
    デジタル署名は巧妙な方法で「署名」を実現するが、現段階では完全に安全とはいえない。
    現在の方式は、計算の困難性を基礎にしており、安全であるという絶対的な証明はないのである。
    容易に計算できる解読法が見つかる可能性はゼロとはいえない..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。