「奪われし未来」を読んで

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,578
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「環境ホルモン」というものがあることは本を読む以前から知っていた。
    高校の保健の授業で扱われたことがあったからだ。
    だが、あまり詳しく扱われなかったために、ほとんど気にしていなかった。
    この本を読むまでこれほどまでに広範な影響があるとは思いもよらなかったのである。
    ホルモンは生体に重大な影響を及ぼす。
    生体内で様々なメッセージを伝達するために大きな働きを担っており、場合によっては遺伝子以上に重要な存在となる。
    この働きがたくさんの化学物質に攪乱されてしまうなんて信じがたいことである。
    しかし、人間や野生生物は化学物質に簡単に反応してしまうようである。
    DDTやDES、PCB、ダイオキシンを始め、人間の作り出した様々な化学物質には、残留性が高いものがある。
    その影響は精子数の減少や生殖器の異常など生殖系から、免疫不全など免疫系、さらには行動障害、性志向など様々なところに及ぶ可能性がある。
    これは人生を台無しにしてしまう程大変なものになりうる。
    また、このような化学物質は母親のへその緒や母乳を通していともたやすく胎児に伝わってしまう。
    しかもごくわずかの量にもかかわらず、タイミングしだいで胎児に恐るべき被害をもたらすものも存在する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「環境ホルモン」というものがあることは本を読む以前から知っていた。
    高校の保健の授業で扱われたことがあったからだ。
    だが、あまり詳しく扱われなかったために、ほとんど気にしていなかった。
    この本を読むまでこれほどまでに広範な影響があるとは思いもよらなかったのである。
    ホルモンは生体に重大な影響を及ぼす。
    生体内で様々なメッセージを伝達するために大きな働きを担っており、場合によっては遺伝子以上に重要な存在となる。
    この働きがたくさんの化学物質に攪乱されてしまうなんて信じがたいことである。
    しかし、人間や野生生物は化学物質に簡単に反応してしまうようである。
    DDTやDES、PCB、ダイオキシンを始め、人間の作り出した様々な化学物質には、残留性が高いものがある。
    その影響は精子数の減少や生殖器の異常など生殖系から、免疫不全など免疫系、さらには行動障害、性志向など様々なところに及ぶ可能性がある。
    これは人生を台無しにしてしまう程大変なものになりうる。
    また、このような化学物質は母親のへその緒や母乳を通していともたやすく胎児に伝わってしまう。
    しかもごくわずかの量にもかかわらず、タイミングしだいで..

    コメント1件

    fusafusafusa 購入
    とても参考になりました。
    2007/07/03 0:25 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。