環境に関する「総合的な学習の時間」の授業案

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数984
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    テーマ:
    水質汚染
    ねらい:
    水質汚染の現状を把握させ、これからなすべきことを考えさせる。
    生体に密接に関わり身近にある水を取り上げて、周辺の環境のことも含めて学習する。
    期間:
    計55時間(約半年間)
    方法:
    基本的な活動単位は実践上の便宜を考えて、1クラスぐらいが妥当だと考えるが、野外学習などでは他のクラスと合同で行うこともできると思われる。
    学年は中学2年生〜高校1年生ぐらいを対象としている。
    A、基本学習(5時間:教室)
     まずは様々な場所の水質汚染に関する事例の概要を説明する。
    水俣病などの有名な例から油の廃棄など身近な例まで扱い、様々な視点から水質汚染について考えることができるようにする。
    B、野外学習のための準備(4時間:教室、視聴覚室)
     野外での学習方法について説明を行う。
    その際、専門家の方々に来ていただき、水質調査の原理や調査方法などについてレクチャーをしてもらう。
    C、野外学習(11時間:野外、図書館その他)
     生徒を3〜4人程度のグループに分け、学校近くの川、湖、沼、海など水場の水質や周辺の状況について調査させる。
    pHなどの簡単な調査や住んでいる生物、地形の様子などを生徒に調査させる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テーマ:
    水質汚染
    ねらい:
    水質汚染の現状を把握させ、これからなすべきことを考えさせる。
    生体に密接に関わり身近にある水を取り上げて、周辺の環境のことも含めて学習する。
    期間:
    計55時間(約半年間)
    方法:
    基本的な活動単位は実践上の便宜を考えて、1クラスぐらいが妥当だと考えるが、野外学習などでは他のクラスと合同で行うこともできると思われる。
    学年は中学2年生~高校1年生ぐらいを対象としている。
    A、基本学習(5時間:教室)
     まずは様々な場所の水質汚染に関する事例の概要を説明する。
    水俣病などの有名な例から油の廃棄など身近な例まで扱い、様々な視点から水質汚染について考えることができるようにする。
    B、野外学習のための準備(4時間:教室、視聴覚室)
     野外での学習方法について説明を行う。
    その際、専門家の方々に来ていただき、水質調査の原理や調査方法などについてレクチャーをしてもらう。
    C、野外学習(11時間:野外、図書館その他)
     生徒を3~4人程度のグループに分け、学校近くの川、湖、沼、海など水場の水質や周辺の状況について調査させる。
    pHなどの簡単な調査や住んでいる生物、地形の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。