効率的トレーニングの方法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,241
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     この講義を受講したのは筋力トレーニングの理論を知るとともにトレーニングのきっかけにしたいと思ったからだった。
     自分の体の効率的な改善のためにトレーニング理論をきちんと学びたいと感じていた。
     脂肪は、体重やその他の検査を元にするとだいたい標準ぐらいだと思われる。
     しかし、筋力については全体的にあまり高くないことがわかっている。
     ある程度の筋力は様々な事柄を行う上で重要であるため、今のうちに少しずつ増加させていきたいと考えている。
     以下ではまず筋力トレーニングを効率的に行うための原則についてまとめてみた。
    ?過負荷の原則
     筋力にかける負荷は強すぎるとパフォーマンスの低下や極度の疲労を引き起こし、また低負荷ではトレーニングの効果はあまり期待できない。
     現在の身体の水準に見合った、少しだけ身体に負荷がかかる程度の負荷をかければ、身体の適応性によってトレーニング効果を期待できる。
     最大筋力の90〜100%ぐらいの負荷は神経系の集中力を、50〜60%ぐらいの負荷は筋持久力を主に鍛えるのであって筋力向上の効果はあまり期待できない。
     最大筋力の70〜80%ぐらいの負荷において筋力が向上するといわれている。
     自らの最大筋力を知って適切な負荷でトレーニングをすることが重要である。
    ?負荷漸増の原則
     トレーニングを行うにつれて身体は変化する。
     よってトレーニングが進むにつれて身体にかける負荷を定期的に増大させる必要がある。
     できるだけ常に?の原則にあうように調節していくことが必要である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    この講義を受講したのは筋力トレーニングの理論を知るとともにトレーニングのきっかけにしたいと思ったからだった。
    自分の体の効率的な改善のためにトレーニング理論をきちんと学びたいと感じていた。
    脂肪は、体重やその他の検査を元にするとだいたい標準ぐらいだと思われる。
    しかし、筋力については全体的にあまり高くないことがわかっている。
    ある程度の筋力は様々な事柄を行う上で重要であるため、今のうちに少しずつ増加させていきたいと考えている。
    以下ではまず筋力トレーニングを効率的に行うための原則についてまとめてみた。
    過負荷の原則
    筋力にかける負荷は強すぎるとパフォーマンスの低下や極度の疲労を引き起こし、また低負荷ではトレーニングの効果はあまり期待できない。
    現在の身体の水準に見合った、少しだけ身体に負荷がかかる程度の負荷をかければ、身体の適応性によってトレーニング効果を期待できる。
    最大筋力の90~100%ぐらいの負荷は神経系の集中力を、50~60%ぐらいの負荷は筋持久力を主に鍛えるのであって筋力向上の効果はあまり期待できない。
    最大筋力の70~80%ぐらいの負荷において筋力が向上するといわれている..

    コメント1件

    s05854km 購入
    参考になりました。
    2006/07/07 10:29 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。