教育実習で取り組む課題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数10,416
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    教育実習は、教職免許をとるための必須科目である。
    しかし、漫然と学級活動に参加するだけであるなら、教育実習に行く意味は全くない。
    数週間という短期間ではあるが、授業を含めて様々な学級活動に参加することにより、生徒と接することができる絶好の機会である。
    教育実習の意義と性質を考え、自分は次のような課題に取り組むことにしようと思う。
    まずは、生徒の特徴を可能な限り理解する、という課題である。
    もちろん数週間で生徒の本質まで見極めることはできないであろう。
    もしかしたらベテランの先生方にも、完全に理解することはできないかもしれない。
    しかし、この難題を解決することは、教師に必要不可欠なことだと思う。
    生徒は教師に教えられる者として、知らない間に特有の共通した性質を持つようになると考えられる。
    その性質を少しでも理解できるように努めてみたい。
    生徒のことを何も理解できないままで、生徒にものを教えることができるわけがない。
    仮に教えることができたとしても、それは表面的なものにすぎず、生徒が本当に理解するという所までには至らない。
    また教えられたことが身につかないだけでなく、その内容への興味も薄れてしまう。
    現在の日本での、多くの中等・高等教育における授業にいえることは、受験のための教育としてかなり偏っているということである。
    生徒のことをきちんと理解した上で、授業をしているのか疑問である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育実習は、教職免許をとるための必須科目である。
    しかし、漫然と学級活動に参加するだけであるなら、教育実習に行く意味は全くない。
    数週間という短期間ではあるが、授業を含めて様々な学級活動に参加することにより、生徒と接することができる絶好の機会である。
    教育実習の意義と性質を考え、自分は次のような課題に取り組むことにしようと思う。
    まずは、生徒の特徴を可能な限り理解する、という課題である。
    もちろん数週間で生徒の本質まで見極めることはできないであろう。
    もしかしたらベテランの先生方にも、完全に理解することはできないかもしれない。
    しかし、この難題を解決することは、教師に必要不可欠なことだと思う。
    生徒は教師に教えられる者として、知らない間に特有の共通した性質を持つようになると考えられる。
    その性質を少しでも理解できるように努めてみたい。
    生徒のことを何も理解できないままで、生徒にものを教えることができるわけがない。
    仮に教えることができたとしても、それは表面的なものにすぎず、生徒が本当に理解するという所までには至らない。
    また教えられたことが身につかないだけでなく、その内容への興味も薄れ..

    コメント3件

    georgea 購入
    教育実習事前指導のレポートとして参考になりました。
    2006/03/06 4:08 (10年9ヶ月前)

    1901run 購入
    教育実習に対して、他の人がどのように感じているのかが知れました。
    2006/09/06 21:53 (10年3ヶ月前)

    mao730roosa 購入
    とてもサンコウになりました
    2007/05/11 1:21 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。