若年雇用状況を通して眺める若者の現実

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,116
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    このレポートのテーマとしては、今後の自分にも関係するかもしれないし、この授業のテーマとして最もあっていると感じたので、若者の雇用状況について調べることにした。
    最近は景気が穏やかに浮揚していると言うが、あまり雇用状況は変わっていないらしい。
    若者への労働力供給は減少傾向で、雇用され就業していく職種もサービス業が中心になっている。
    年々離職による失業者も増加している。
    一旦就職したとしても、自分が描いている仕事とは何か違いを感じて辞めていく人も非常に多い。
    中高卒の雇用はほとんどなく、大学卒でも厳しい現実が浮き彫りになっている。
    これは若者にとって良い状況とは言いがたい。
    また“即戦力”を雇用に当たっての重要なキーワードとして考える企業が多いようだ。
    数年前から、「フリーターは使い物にならない」「高卒はおろか中卒にいたってはほとんど役に立たない」と考える大手企業も数多くなってきた。
    最近は中小企業でもそのように考える所が徐々に増加してきた。
    このように考える企業では、“社会的弱者”と呼ばれる人々の採用はほとんどない。
    本当にこれらの人が社会で役に立たないのか、普通の人と同等に働けないのか、といったことが数回の面接や履歴書だけで判断されるのは非常に問題である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    このレポートのテーマとしては、今後の自分にも関係するかもしれないし、この授業のテーマとして最もあっていると感じたので、若者の雇用状況について調べることにした。
    最近は景気が穏やかに浮揚していると言うが、あまり雇用状況は変わっていないらしい。
    若者への労働力供給は減少傾向で、雇用され就業していく職種もサービス業が中心になっている。
    年々離職による失業者も増加している。
    一旦就職したとしても、自分が描いている仕事とは何か違いを感じて辞めていく人も非常に多い。
    中高卒の雇用はほとんどなく、大学卒でも厳しい現実が浮き彫りになっている。
    これは若者にとって良い状況とは言いがたい。
    また“即戦力”を雇用に当たっての重要なキーワードとして考える企業が多いようだ。
    数年前から、「フリーターは使い物にならない」「高卒はおろか中卒にいたってはほとんど役に立たない」と考える大手企業も数多くなってきた。
    最近は中小企業でもそのように考える所が徐々に増加してきた。
    このように考える企業では、“社会的弱者”と呼ばれる人々の採用はほとんどない。
    本当にこれらの人が社会で役に立たないのか、普通の人と同等に働けないのか..

    コメント2件

    mayuko86 購入
    参考になりました。
    2006/12/18 22:50 (10年前)

    basaro 購入
    いい
    2007/06/15 1:57 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。