方法としての教育集団の限界

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数503
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     広い意味で人間は社会によって人間になるといわれている。
    いくつかの社会学者は、
    ?生活に必要な資源を社会から調達している。
    ?生活を通して、社会的行為を身につけ社会的知覚を培っている。
    ?獲得した社会的行為や知覚を使って、他者と相互行為しつつ生活を営んでいる。
    ?生活を通して次の世代を生み育てていく。
    という事実から人間は社会的存在であり、そうなる必要のある存在だとしている。
     つまり人間は他の人々とともに社会を作り、社会生活を営むことでしか生きていくことができない社会的な動物である。
     社会生活を営むとは、具体的には、日々に他者と相互行為することである。
     相互行為とは、互いに、相手から働きかけられたその内容に影響されて行為を返し、相手が自分に何らかの働きかけをするその内容に影響を与える意図で相手に働きかけをする、という行為の交換のことである。
     また他者と円滑に相互行為を取り交わすには、言葉や価値や役割や現実への意味づけなど、社会的要素ともいえる諸々のことを他者と共有していなければならない。
     逆に社会的要素を身につけるには、他者と相互行為を重ねなければならない。
     社会的要素の習得が社会力のもとになる。
     社会力とは、単に既存の社会に適応するために必要な知識・能力を身につけていくことのみを意味しているわけではない。
     それ以上に社会を作り、社会をよりよく運営し、さらには、いまある社会を改良し、場合によっては、既存の社会を大きく変革していく人間の側の能力や意欲などのことである。
     これは門脇厚司さんの造語である。
     以上のことをまとめると、人間は生存し続けるために社会的動物であらねばならず、そのために社会力を身につけなければならず、結局そのために他者との相互行為が必要となる、ということになる。
     ここで社会力はどのように形成されるのかについて述べようと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    広い意味で人間は社会によって人間になるといわれている。
    いくつかの社会学者は、
    生活に必要な資源を社会から調達している。
    生活を通して、社会的行為を身につけ社会的知覚を培っている。
    獲得した社会的行為や知覚を使って、他者と相互行為しつつ生活を営んでいる。
    生活を通して次の世代を生み育てていく。
    という事実から人間は社会的存在であり、そうなる必要のある存在だとしている。
    つまり人間は他の人々とともに社会を作り、社会生活を営むことでしか生きていくことができない社会的な動物である。
    社会生活を営むとは、具体的には、日々に他者と相互行為することである。
    相互行為とは、互いに、相手から働きかけられたその内容に影響されて行為を返し、相手が自分に何らかの働きかけをするその内容に影響を与える意図で相手に働きかけをする、という行為の交換のことである。
    また他者と円滑に相互行為を取り交わすには、言葉や価値や役割や現実への意味づけなど、社会的要素ともいえる諸々のことを他者と共有していなければならない。
    逆に社会的要素を身につけるには、他者と相互行為を重ねなければならない。
    社会的要素の習得が社会力のもとにな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。