音楽とリズム

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数436
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     クラシックの代表的な作曲家について
     私が数あるクラシックの作曲家の中からベートーヴェンについて調べることにした。その理由は、ベートーヴェンの名前を知らない人はいないくらい最も有名な作曲家の1人で、耳が聞こえなくなっても曲作りを止めなかった人生を知りたいと思ったからである。ベートーヴェンの生涯は作品の変遷と合わせて3つの時期に分けることができる。
     第1期(誕生から1801年まで)
     ベートーヴェン本名ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンは高名な歌手、宮廷楽団の楽長として仕えた祖父、宮廷楽団の父ヨハン、母マリアの音楽一家に1770年12月26日、ドイツの西部にあるボンという町に生まれた。自分と同じ音楽家の道を歩ませようとする父の教えでベートーヴェン4歳かピアノを始める。1778年ベートーヴェン7歳の時、ケルンで行われた公開演奏会に、ピアニストとして初出演し、11歳の時宮廷オルガニストを歴任した音楽家クリスチャンゴットローブ・ネーフェと出会った。ベートーヴェン
    は、この最良の教師ネーフェとの出会いで音楽の素晴らしさ、人を感動させる事、自分の気持ちを演奏や作曲で表す事ができる等を教えても..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。