健康とスポーツ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,131
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     わが国における健康観の変遷について述べよ。
     現代では、65歳以上の高齢者人口が総人口の14%を超える本格的な高齢化社会を向かえている。高齢者もそうであるが、成人や子どもも健康の3大要素の運動、栄養、休養が大事になってくる。
     文明の発達と生活が豊かで便利で楽になるように様々な電化製品や交通機関が著しく発達した結果、日頃体を動かすことが少なく運動不足になっている。また、食生活が野菜、魚から肉中心の食生活やファーストフードなどの欧米化になり、現代社会のストレスも健康を阻害する成人病の原因の1つである。
     成人病は、年を取るとなる病気と考えられていたが、成人病の発症には子どもの頃からの生活習慣、普段の生活習慣が原因で発症つることから、成人病は生活習慣病という表現にあらためられたのである。
     生活習慣病は始末の悪い特徴を持っており、1、発症してもかなり悪くならないと生活習慣病と分かる症状が出ないため、病状初期では気づきにくい。2、生活習慣病は、1度発症すると自然には治らず、症状が現れた時には遅く治療しても完全には治らないなどの特徴がある。生活習慣病には1次予防から3時予防まであるが、1番重..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。