生活協同組合にみる、個人配送サービス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数376
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     9つの生活協同組合が共同で提供する、 個人配送小売事業を中核にした生活支援サービスを提供。全国的に生活協同組合の小売事業が低迷にあった90年代に、合理性などに多くの人々が懐疑的であった個別配送事業を始めてスタートさせた生協グループ。
     現在、60万世帯、会員数76.5万人、総事業高1500億円を超える規模に成長。
     70年代に集団購入型の小売事業を開始した。生産農家との計画生産提携と、消費者の事前予約制という仕組みを創り上げた。
     90年代に、それまでのロジスティックスシステムを活用して個人配送型を開始して急成長。
     パルシステムの個人対応型無店舗事業は、「共同購入」をベースに組み立てられ発展してきた。
     生協の共同購入は、1970年代頃から始まった週単位・班単位の商品購入の仕組み。
     首都圏コープ事業連合は全国の生協に先駆け、班単位ではなく個人単位での利用、「個人宅配」を実現し、今日では「個人対応型無店舗事業」としてパルシステムを展開している。
     初期における配送 商品を絞って、まとめて同じトラックで毎日配送(曜日によって異なる品物を取りまとめて配送)
    配送の合理化とグループ経営化 85年からOCRシステム稼動。86年に京浜島、88年に流山に事業センターを設立。協同仕分けセンター(多摩連帯事業センター)設立。 →連合会を設立し、仕入れから受注、梱包やセンターまでの基幹物流を全ての連合会に集中化、サプライチェーンマネジメントを徹底。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活協同組合にみる、個人配送サービス
    Logistics Management
    ゼロからの独自個人配送システムの構築
    pal-systemの概要
    9つの生活協同組合が共同で提供する、 個人配送小売事業を中核にした生活支援サービスを提供。全国的に生活協同組合の小売事業が低迷にあった90年代に、合理性などに多くの人々が懐疑的であった個別配送事業を始めてスタートさせた生協グループ。
    現在、60万世帯、会員数76.5万人、総事業高1500億円を超える規模に成長。
    70年代に集団購入型の小売事業を開始した。生産農家との計画生産提携と、消費者の事前予約制という仕組みを創り上げた。
    90年代に、それまでのロジスティックスシステムを活用して個人配送型を開始して急成長。
    生産者
    生協
    消費者
    計画生産契約
    予約販売
    共同購入時代からグループ統合へ
    パルシステムの個人対応型無店舗事業は、「共同購入」をベースに組み立てられ発展してきた。
    生協の共同購入は、1970年代頃から始まった週単位・班単位の商品購入の仕組み。
    首都圏コープ事業連合は全国の生協に先駆け、班単位ではなく個人単位での利用、「個人宅配」を実現..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。