教育課程とは何かについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,515
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育課程と編成原理
    文部科学省は、教育課程の概念を「学校において編成する教育課程とは、学校教育の目的や目標を達成するために、教育内容を児童・生徒の心身の発達に応じ、授業数との関連において総合的に組織した学校の教育計画である」としている。これは学校現場において、子ども達の人間形成を図るために、学習指導・生徒指導・校務分掌を円滑に行うための計画を意味する。
    そして、教育課程の編成について、学習指導要領では現在、以下の4つの基本的原則が前提として掲げられている。
    ?法令及び学習指導要領の示すところに従うこと
    ?児童・生徒の人間として調和のとれた育成を目指すこと
    ?地域や学校の実態を考慮すること
    ?児童・生徒の心身の発達段階と特性並びに能力・適性・進路等を十分考慮すること
    さらに、学校教育の目的・目標や教育課程に関し、教育基本法や学校教育法など、ほかにも様々な法令が関係している。
    基準と学校教育の変遷
    当然のことであるが、このような教育課程の編成や教育方針は、社会の変化とともに変遷してきている。日本では、これまで大きく3回の教育改革がなされてきた。
    1度目は、明治時代の学制発布によるもので、これにより国民が教育を受ける機会を保障された。2度目の改革は、戦後の義務教育制と民主教育の発足に伴ってなされ、民主主義を推進する礎となり、また子どもたちの進学率を大幅に上昇させ、教育が大衆化された。そして、3度目の教育改革が、過熱した受験戦争がもたらした学歴社会に歯止めをかけようと「ゆとり教育」を掲げた現行のものである。
    明治時代以降、富国強兵の下に国家主義を推し進めた日本であったが、第二次世界大戦敗戦後、新たな民主主義の発展が目指され、昭和21年の日本国憲法発布の下、昭和22年、教育基本法と学校教育法が制定された。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      教育課程とは何かについて、その基準と
    編成原理、今日的課題についてまとめなさい。
    教育課程と編成原理
    文部科学省は、教育課程の概念を「学校において編成する教育課程とは、学校教育の目的や目標を達成するために、教育内容を児童・生徒の心身の発達に応じ、授業数との関連において総合的に組織した学校の教育計画である」としている。これは学校現場において、子ども達の人間形成を図るために、学習指導・生徒指導・校務分掌を円滑に行うための計画を意味する。
    そして、教育課程の編成について、学習指導要領では現在、以下の4つの基本的原則が前提として掲げられている。
    法令及び学習指導要領の示すところに従うこと
    児童・生徒の人間として調和のとれた育成を目指すこと
    地域や学校の実態を考慮すること
    児童・生徒の心身の発達段階と特性並びに能力・適性・進路等を十分考慮すること
    さらに、学校教育の目的・目標や教育課程に関し、教育基本法や学校教育法など、ほかにも様々な法令が関係している。
    基準と学校教育の変遷
    当然のことであるが、このような教育課程の編成や教育方針は、社会の変化とともに変遷してきている。日本では、これまで大き..

    コメント6件

    nnjjiuy 購入
    参考になりました
    2006/12/30 23:31 (10年前)

    yukie 購入
    参考になりました
    2007/01/06 0:24 (9年11ヶ月前)

    e30079 購入
    ありがとうございました。
    2007/01/24 19:45 (9年10ヶ月前)

    aiko13 購入
    すごくよくまとまっていて、参考になりました。
    2007/04/08 23:39 (9年8ヶ月前)

    islay1755 購入
    非常にわかりやすい。
    2007/10/02 5:50 (9年2ヶ月前)

    kamehameha_n 購入
    参考になった
    2007/10/22 3:50 (9年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。