医療保険制度の概要について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数415
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    わが国の医療保障制度は、1961年「国民皆保険」が実現して以来、年々整備の進んだ医療提供体制とともに、国民の「安心」と生活の「安定」を支え、世界最高水準の平均寿命や高い保健医療水準を実現してきた。しかし、急速な高齢化、経済の低迷、医療技術の進歩、国民の意識の変化など、医療保障制度を取り巻く環境は大きく変化しており、将来を見据えた医療保障制度の再構築が今見直されようとしている。
    医療保障とは、疾病という不確実な事故に備えて、危険負担を集団で社会的に行う仕組みであり、個人ではその損失を負担できない危険について集団で平均化しようとする社会的なシステムである。日本は、資本主義国が圧倒的に取り入れている「医療保険方式」であり、保険加入者に保険料を負担させ、必要な医療を、保険の現物給付または医療に要した費用を現金給付で行う方式を取り入れている。
    (医療保険制度の体系)
    日本の医療保険は国民皆保険であるとはいえ、多くの制度に分化しているのが大きな特徴である。医療保険制度には、大きく分けて、?健康保険制度(被用者保険)と?国民健康保険制度(地域保険)の2つに分けることができる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「医療保険制度の概要について」
     
    わが国の医療保障制度は、1961年「国民皆保険」が実現して以来、年々整備の進んだ医療提供体制とともに、国民の「安心」と生活の「安定」を支え、世界最高水準の平均寿命や高い保健医療水準を実現してきた。しかし、急速な高齢化、経済の低迷、医療技術の進歩、国民の意識の変化など、医療保障制度を取り巻く環境は大きく変化しており、将来を見据えた医療保障制度の再構築が今見直されようとしている。
    医療保障とは、疾病という不確実な事故に備えて、危険負担を集団で社会的に行う仕組みであり、個人ではその損失を負担できない危険について集団で平均化しようとする社会的なシステムである。日本は、資本主義国が圧倒的に取り入れている「医療保険方式」であり、保険加入者に保険料を負担させ、必要な医療を、保険の現物給付または医療に要した費用を現金給付で行う方式を取り入れている。
    (医療保険制度の体系)
    日本の医療保険は国民皆保険であるとはいえ、多くの制度に分化しているのが大きな特徴である。医療保険制度には、大きく分けて、①健康保険制度(被用者保険)と②国民健康保険制度(地域保険)の2つに分ける..

    コメント1件

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/28 3:56 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。