福祉国家の思想と原理について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,392
ダウンロード数57
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    はじめに
    福祉国家とは、国民の福祉の増進と確保、すなわち、すべての国民に人間らしい文化的最低限度の生活を保障しようとする国家のことである。現在では、日本国憲法第25条ですべての国民に最低限度の生活が保障され、社会保険や公的扶助などの社会保障制度が確立して、日本もスウェーデンやデンマークなどの福祉国家に続いて、世界有数の福祉国家になるまで成長したのである。
    何故ここまで世界各国に福祉国家が広まったのかというと、1942年に世界に先駆けてイギリスで発表された「ベヴァリッジ報告」が大きく影響している。その報告では、「ゆりかごから墓場まで」の生活保障の体系的な制度化が提唱されている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「福祉国家の思想と原理について述べよ。」
    (はじめに)
    福祉国家とは、国民の福祉の増進と確保、すなわち、すべての国民に人間らしい文化的最低限度の生活を保障しようとする国家のことである。現在では、日本国憲法第25条ですべての国民に最低限度の生活が保障され、社会保険や公的扶助などの社会保障制度が確立して、日本もスウェーデンやデンマークなどの福祉国家に続いて、世界有数の福祉国家になるまで成長したのである。
    何故ここまで世界各国に福祉国家が広まったのかというと、1942年に世界に先駆けてイギリスで発表された「ベヴァリッジ報告」が大きく影響している。その報告では、「ゆりかごから墓場まで」の生活保障の体系的な制度化が提唱されている。つまり、生まれたときから死ぬまで国民のライフサイクルに応じて最低限度の生活を保障するシステムが立案されたのだ。
    (ベヴァリッジ報告とは)
    英国では、すでに第2次世界大戦中に福祉国家に向けての取り組みがなされていた。当時の英国では、戦争の中、国民の生活は困窮し、国民一人一人の自助努力だけでは、生活水準を維持していくことは困難と考えられた。そこで、1941年7月に戦時体制化..

    コメント5件

    fivexrose 購入
    分かりやすくまとめられていて良かったです。
    2006/05/13 22:01 (10年6ヶ月前)

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/28 4:00 (10年2ヶ月前)

    kaoru722 購入
    とてもすばらしい文章だった
    2007/02/04 13:47 (9年10ヶ月前)

    uttanbo 購入
    参考になりました
    2007/03/24 1:02 (9年8ヶ月前)

    fujitsu123 購入
    すごいです
    2007/10/30 22:37 (9年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。