情報社会と現代人のあり方について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数808
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「情報社会」という言葉が使われてから20年以上、「高度情報社会」という言葉が使われてから10年以上が過ぎた。この未来を想像させる言葉は、国、地方、企業、一般市民それぞれが思い思いイメージを込めて使用している。ここでは、これからの情報社会や高度情報社会に向けての情報化において、情報化社会と現代人のあり方について、広い意味での文化現象として捉え、その変貌について4つの風景をもとに取り上げていく。また、電子メディアを中心とした今日のメディアの変貌現象における「情報化社会の表層」の風景を取り上げてみることにする。  文化現象としての情報化を特徴づけるために4つの面から取り上げてみる。(1)日常生活における遊戯化の進行、(2)消費生活における記号化の進行、(3)市民文化の成熟化の進行、(4)都市・地域空間におけるメディア化の進行である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報社会と現代人のあり方について
     「情報社会」という言葉が使われてから20年以上、「高度情報社会」という言葉が使われてから10年以上が過ぎた。この未来を想像させる言葉は、国、地方、企業、一般市民それぞれが思い思いイメージを込めて使用している。ここでは、これからの情報社会や高度情報社会に向けての情報化において、情報化社会と現代人のあり方について、広い意味での文化現象として捉え、その変貌について4つの風景をもとに取り上げていく。また、電子メディアを中心とした今日のメディアの変貌現象における「情報化社会の表層」の風景を取り上げてみることにする。
     文化現象としての情報化を特徴づけるために4つの面から取り上げてみる。(1)日常生活における遊戯化の進行、(2)消費生活における記号化の進行、(3)市民文化の成熟化の進行、(4)都市・地域空間におけるメディア化の進行である。
    (1)について考えると、遊びという行為と情報化という今日的な社会変貌現象とは、大変「親和性」が高いということが考えられる。さらに積極的にいえば、情報化の深層では遊び(遊戯性)という要素が重要なパートを占めているのである。別の言..

    コメント1件

    kjp 購入
    教科書の抜粋をつなげたレポートで、これだけ読む人には意味が通じないと思いました。
    2008/05/01 17:29 (8年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。