情報とコミュニケーションについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数413
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「情報」とは、人間が判断を下したり行動を起したりするために必要な、種々の媒体を介しての知識である。また、コミュニケーションとは、その語源は、ラテン語のコムニスであるとされており、「共にある」「共にする」という意味である。そこから今日の「人間相互間に共通性をうちたてる行為」としてのコミュニケーションの語義が生まれたと考えられている。しかも、その意味する内容は多岐にわたっており、日本語表現でいう伝導、伝染、伝達、情報、交通、連絡、運搬、交際といった全体にわたっているのである。つまり、人は「情報」を得て、それにより多岐にわたる、コミュニケーションを人間相互で行うことができると仮定することができる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報とコミュニケーションについて
    「情報」とは、人間が判断を下したり行動を起したりするために必要な、種々の媒体を介しての知識である。また、コミュニケーションとは、その語源は、ラテン語のコムニスであるとされており、「共にある」「共にする」という意味である。そこから今日の「人間相互間に共通性をうちたてる行為」としてのコミュニケーションの語義が生まれたと考えられている。しかも、その意味する内容は多岐にわたっており、日本語表現でいう伝導、伝染、伝達、情報、交通、連絡、運搬、交際といった全体にわたっているのである。つまり、人は「情報」を得て、それにより多岐にわたる、コミュニケーションを人間相互で行うことができると仮定することができる。
     今日の一般的なコミュニケーション理論と称されるものは、「送り手」と「受け手」の間での「情報」の「伝達」を中心に枠組みが構成されており、このことは、コミュニケーション概念が本来の語義の多様性を包括しきれていないといえる。今後、私たちは本来の語義に含まれるコミュニケーションに基づく社会編成という側面に注目していかなければならないと考えられる。
     そのためには、既知の..

    コメント1件

    kjp 購入
    教科書の抜粋で、このレポートだけ読んでも意味はわからないと思います。
    2008/05/01 17:23 (8年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。