暴行の概念

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数631
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    暴行罪の暴行とは、人の体に向けた有形力の行使を言う。有形力とは物理的な力のことで、典型的には殴る、けるなどがこれに当たり、その範囲は広い。判例によって暴行とされたものとして、髪の毛を根元から切る、着衣を引っ張る、人の体に食塩や農薬を投げかける、室内で日本刀を振り回すなどがある。しかし、つばを吐きかけるなどのように、生涯の危険がまったくない有形力の行使までを暴力としてよいのかどうかについては、争いがあり、暴行というためには身体の生理的機能を害する程度の危険のある行為である必要があるとする学説もある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    暴行の概念
    暴行罪の暴行とは、人の体に向けた有形力の行使を言う。有形力とは物理的な力のことで、典型的には殴る、けるなどがこれに当たり、その範囲は広い。判例によって暴行とされたものとして、髪の毛を根元から切る、着衣を引っ張る、人の体に食塩や農薬を投げかける、室内で日本刀を振り回すなどがある。しかし、つばを吐きかけるなどのように、生涯の危険がまったくない有形力の行使までを暴力としてよいのかどうかについては、争いがあり、暴行というためには身体の生理的機能を害する程度の危険のある行為である必要があるとする学説もある。
     力学的以外の力以外の、エネルギーによる暴行が認められるかどうかという点でも争いがあ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。