アスベスト問題をめぐって

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数490
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     アスベストによる被害状況が社会問題として波紋を投げかけている。アスベスト使用製品を製造していた工場の従業員が中皮腫を発祥しただけでなく、周辺住民や従業員家族にも影響が及んでおり、被害の拡大が懸念されている。これまで一部の関係者の間のみで憂慮されていたアスベスト問題がこのように社会問題化した背景には、NGP・NPOのアスベスト使用禁止や被害者の救済に向けた持続的な活動、企業の情報開示の進展、さらには地域住民の環境や安全・安心への志向の高まりがあると思われる。
     アスベストは耐火性や防音性に優れた物質であり、安価で施工しやすいことも手伝って、昭和30年代から対価構造が必要とされるホールや学校施設に用いられてきた。昭和50年代に入って健康被害が認識されるようになり、昭和50年代後半になって公共施設に使用されていた吹き付けアスベストの除去や非行防止処理が施されるようになった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アスベスト問題をめぐって
    アスベストによる被害状況が社会問題として波紋を投げかけている。アスベスト使用製品を製造していた工場の従業員が中皮腫を発祥しただけでなく、周辺住民や従業員家族にも影響が及んでおり、被害の拡大が懸念されている。これまで一部の関係者の間のみで憂慮されていたアスベスト問題がこのように社会問題化した背景には、NGP・NPOのアスベスト使用禁止や被害者の救済に向けた持続的な活動、企業の情報開示の進展、さらには地域住民の環境や安全・安心への志向の高まりがあると思われる。
     アスベストは耐火性や防音性に優れた物質であり、安価で施工しやすいことも手伝って、昭和30年代から対価構造が必要..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。