ヨーロッパの経済学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数325
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     アメリカ・ドルは第二次世界大戦後、グローバルな基軸通貨としての役割を果たしてきた。世界の輸出入貿易、資本取引、銀行間為替取引、外貨準備、為替市場介入においてアメリカ・ドルが使用・保有される頻度が圧倒的に多く、多数の諸国が自らの為替ルートをドルに対して安定させる為替対策を取ってきたのである。しかしそうしたアメリカ・ドルの国際的な機能は1980年代以降、次第に後退してきた。ドルとともに、マルク、日本円をはじめとする主要先進国通過が国際経済取引の目的で使用・保有されるようになり、自ら為替ルートをドル以外の主要国通貨に対して安定化させようとする国があらわれてきたのである。国際通貨システムは、ドルを中心とした基軸通貨対策から、マルクや円を含む複数通貨制に移行しつつある。
    米国ドルは、すでに今世紀はじめには英連邦ポンド・スターリングにつぐ、国際通貨として台頭し、その後、特に第二次世界大戦後その立場を逆転させ、ドル優位の下で、IMF体制の創設と維持によりその覇権的地位を占めてきた。今日まで他の独マルクや日本円に対して優位であり続けてきた。ユーロの登場は基本的には、欧州最強通貨であり、アンカーとして..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。