食の安全、狂牛病/BSEを通して現代人のもつ危機感について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数411
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポートBSEプリオン食の安全

    代表キーワード

    BSE食の安全

    資料紹介

     情報社会におかれている我々現代人は、食の安全について知りえる機会を多く手にしている。しかし、どれほどの危機感をもち日々消費、生活していけば良いのだろうか。ここでは特に狂牛病/BSEについて考察する。
     「狂牛病」とは、一般的ではなくなりいまではBSEが一般化されている牛海綿状脳症のことである。潜伏期間は28年程とされており、発症後歩行障害等があり、早ければ2週間で、遅くとも半年程で死に至る。経口感染する、プリオン病の一つである。プリオンとは、淡白質のみで構成され、DNAをもたず、異常型が正常型を次々と侵し、水酸化ナトリウムでの滅菌や非常に高熱高温での滅菌といった他には見られない強固な特性を持っている。潜伏期間が長く、脳に空胞を作り、中枢神経に異常をきたす。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    食の安全、狂牛病/BSEを通して現代人のもつ危機感について
     情報社会におかれている我々現代人は、食の安全について知りえる機会を多く手にしている。しかし、どれほどの危機感をもち日々消費、生活していけば良いのだろうか。ここでは特に狂牛病/BSEについて考察する。
     「狂牛病」とは、一般的ではなくなりいまではBSEが一般化されている牛海綿状脳症のことである。潜伏期間は2〜8年程とされており、発症後歩行障害等があり、早ければ2週間で、遅くとも半年程で死に至る。経口感染する、プリオン病の一つである。プリオンとは、淡白質のみで構成され、DNAをもたず、異常型が正常型を次々と侵し、水酸化ナトリウムでの滅菌..

    コメント1件

    aloe810 購入
    よく調べてある。
    2006/11/08 21:23 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。