ルワンダ中央銀行総裁日記の感想文

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数675
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本銀行、世界銀行に在籍していた服部正也氏がルワンダという資料も乏しく、何もわからぬまま中央銀行総裁に就任し、これほどの仕事をなしえたことはすごいことだと思う。
    就任当時、ルワンダは民族紛争の残り火もある中で、非常に貧しく、世界的なコーヒーの供給過剰の中で、産業はそのコーヒーが主流で、しかも内陸国であるために陸運賃がかかるという、あまり思わしくない環境であった。中央銀行は派閥を作り、銀行業務の内容も理解せず(例えば小額紙幣不足)、仕事に責任を持たないくせにただ自分たちの利益ばかりを主張するようになっているところは、小説日本銀行に似た部分でもある。
    政府の税制も不公平で、外国人に不当に有利な税制であり、しかも外国人の所得は国内から流出するばかりであった。物資は不足しており、為替市場と複雑な輸出入の規制が原因に思われた。ルワンダ商業銀行が為替市場を独占しているために、不当な操作をして利益を得ていたためである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ルワンダ中央銀行総裁日記の感想文
    日本銀行、世界銀行に在籍していた服部正也氏がルワンダという資料も乏しく、何もわからぬまま中央銀行総裁に就任し、これほどの仕事をなしえたことはすごいことだと思う。
    就任当時、ルワンダは民族紛争の残り火もある中で、非常に貧しく、世界的なコーヒーの供給過剰の中で、産業はそのコーヒーが主流で、しかも内陸国であるために陸運賃がかかるという、あまり思わしくない環境であった。中央銀行は派閥を作り、銀行業務の内容も理解せず(例えば小額紙幣不足)、仕事に責任を持たないくせにただ自分たちの利益ばかりを主張するようになっているところは、小説日本銀行に似た部分でもある。
    政府の税制も..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。