国富論 第一篇前半レジュメ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,295
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第一章 分業
    分業―生産力増大
    農産物生産力
    フランス>ポーランド
    価格と品質
    ポーランド>フランス
    製造業生産力
    品質・価格・生産力
    工業国>農業国
    分業による生産力の向上の原因
    ?技術増進
    ?他の仕事に移るときの習得(時間)コストの節約
    ?機械の発明
    精神を単一の方向に向けている方が集中できる
    第二章分業はなぜおこるのか
    ものを交換するから
    ⇒契約によって成り立つ
    人間は社会的動物
    自分の生産物余剰を他人と交換して生きる
    第三章分業は市場の大きさによって制限される
    分業と市場規模は比例
    第四章 貨幣の起源と使用
    貨幣・・・交換する際、誰もが拒否しないような商品
    金属貨幣・・重い、図るのがダルイ
    ⇒刻印される
    使用価値(水)と交換価値(ダイアモンド)
    交換価値の真実の尺度とは?
    真実価値を作り上げる要素
    価格が自然率以上に変動すること、あるいは市場価格と自然価格に収束しない原因は?
    第六章 名目価格と真実価格
    労働は販売代金だった。
    では他業種労働とどう比較するか?
    ⇒労働よりもある商品で比較する方がラク
    労働者にとっては等量の労働は常に等しい価値だが、金銀の価値は変動する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国富論 第一篇 前半 レジュメ
    分業
    分業―生産力増大
    農産物生産力
    フランス>ポーランド
    価格と品質
    ポーランド>フランス
    製造業生産力
    品質・価格・生産力
    工業国>農業国
    分業による生産力の向上の原因
    技術増進
    他の仕事に移るときの習得(時間)コストの節約
    機械の発明
    精神を単一の方向に向けている方が集中できる
    分業はなぜおこるのか
    ものを交換するから
    ⇒契約によって成り立つ
    人間は社会的動物
    自分の生産物余剰を他人と交換して生きる
    分業は市場の大きさによって制限される
    分業と市場規模は比例
    第四章 貨幣の起源と使用
    貨幣・・・交換する際、誰もが拒否しないような商品
    金属貨幣・・重い、図る..

    コメント1件

    qwe123 購入
    まとまっているとおもいます
    2006/08/24 0:08 (10年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。