効率的な公共サービスの新しい手法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数245
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     現代の日本において、公共部門は施設の所有と運営だけに重点を置く、というシステムから、サービスの購入という点にも注目を置かれるようになってきました。また、サービスの提供者との関係も見直されており、従来とは異なる新しい形の協力関係を構築しています。その代表的なものがプライベート・ファイナンス・イニシアティブと呼ばれるものです。
     このプライベート・ファイナンス・イニシアティブでは、民間の資金や技術的な経営ノウハウを積極的に活用しています。この事によって、効率的で質の高い行政サービスを達成するが可能になるといったものです。このため、施設などの導入方針の決定の際には、必ず今までの事業方式とプライベート・ファイナンス・イニシアティブ方式の事業期間にかかる全体の財政負担等を比較し、検証することが重要になっています。そして、サービスの目的達成が確認でき、現行制度下で実現可能であると判断される場合、プライベート・ファイナンス・イニシアティブを導入する仕組みとなっています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    効率的な公共サービスの新しい手法
    現代の日本において、公共部門は施設の所有と運営だけに重点を置く、というシステムから、サービスの購入という点にも注目を置かれるようになってきました。また、サービスの提供者との関係も見直されており、従来とは異なる新しい形の協力関係を構築しています。その代表的なものがプライベート・ファイナンス・イニシアティブと呼ばれるものです。
    このプライベート・ファイナンス・イニシアティブでは、民間の資金や技術的な経営ノウハウを積極的に活用しています。この事によって、効率的で質の高い行政サービスを達成するが可能になるといったものです。このため、施設などの導入方針の決定の際には、必..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。