企業が生き残るための必要な能力について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数461
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     今までの企業とは違い、今後更に増えていくと予想されているのが、自社の事業を得意分野に絞る、といった企業の存在です。こういった企業が増える要因は、他社と異なっているという点を大きく前面に出せることです。そして、事業に資金や人材を集中させ、経営効率を高める、ということが大きな目的です。企業の競争力の源泉となる技術は、コア・コンピタンスと呼ばれています。このコア・コンピタンスは、企業の競争力のもとになる能力で、企業の中核的な能力のことを意味しています。
     このコア・コンピタンスは、企業の持続的な競争優位の根底であり、他の企業には無いものである、という意味合いを持っています。言い換えれば、企業独自の能力や経営資源のことを指しています。現代の日本において、事業が複雑化の道を辿っており、多角化してくると企業の持つコア・コンピタンスが不明瞭になってきてしまいます。コア・コンピタンスが何であるか、ということを明確に把握することが必要となっています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    企業が生き残るための必要な能力について
    今までの企業とは違い、今後更に増えていくと予想されているのが、自社の事業を得意分野に絞る、といった企業の存在です。こういった企業が増える要因は、他社と異なっているという点を大きく前面に出せることです。そして、事業に資金や人材を集中させ、経営効率を高める、ということが大きな目的です。企業の競争力の源泉となる技術は、コア・コンピタンスと呼ばれています。このコア・コンピタンスは、企業の競争力のもとになる能力で、企業の中核的な能力のことを意味しています。
    このコア・コンピタンスは、企業の持続的な競争優位の根底であり、他の企業には無いものである、という意味合いを持..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。