3時間待ちの3分間診療の背景と対策について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数656
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「3時間待ちの3分間診療」とは、主に大病院での診療に対して使われる言葉で、「3時間もの長い間待ってやっと診察の順番が回ってきたのに、診察はわずか3分程度で終わってしまう」ことを意味している。
    この「3時間待ちの3分間診療」が生じている原因(背景)について、「3時間待ち」と「3分間診療」に分けて考える。まず「3時間待ち」は、病院に「患者を待たせない仕組み(例えば予約制の導入)」が整備されておらず、病院に早く並んだ順に順次診察するため生じているものと考えている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「3時間待ちの3分間診療」とは、主に大病院での診療に対して使われる言葉で、「3時間もの長い間待ってやっと診察の順番が回ってきたのに、診察はわずか3分程度で終わってしまう」ことを意味している。
    この「3時間待ちの3分間診療」が生じている原因(背景)について、「3時間待ち」と「3分間診療」に分けて考える。まず「3時間待ち」は、病院に「患者を待たせない仕組み(例えば予約制の導入)」が整備されておらず、病院に早く並んだ順に順次診察するため生じているものと考えている。次に「3分間診療」は、まず「大病院への患者の集中」である。これは患者が病院を選択する際に、病気への不安感から、専門医が多く、医療設備が整..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。