社員の自立性を高める管理手法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数413
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     現代では様々な制度の導入が進んでいます。そんな中、企業の関心事は、成果主義時代の評価の仕組みとして、社員の目標管理制度をどう設計するかということに注目が向けられ、また、他の経営管理の仕組みと連動させて、いかに経営効果を高めるかに重点が置かれているように思います。社員が目指す成果を、目標として具体的に設定する事が大切であり、設定した目標を確実に達成することを支援する、そういった仕組みとして、目標管理制度が活用されるようになっています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社員の自立性を高める管理手法について
    現代では様々な制度の導入が進んでいます。そんな中、企業の関心事は、成果主義時代の評価の仕組みとして、社員の目標管理制度をどう設計するかということに注目が向けられ、また、他の経営管理の仕組みと連動させて、いかに経営効果を高めるかに重点が置かれているように思います。社員が目指す成果を、目標として具体的に設定する事が大切であり、設定した目標を確実に達成することを支援する、そういった仕組みとして、目標管理制度が活用されるようになっています。
    この目標管理制度とは、個別、またはグループ別に毎年、その年度の目標を設定し、年度末にその達成度を評価するという制度の事を指し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。