家具材による人体への影響とその実態について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数240
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     本来、人を守るという役割を担っていた家は、その性質を変えてしまい、近年においては、化学物質などに支配され、逆に健康障害までも引き起こす原因とさえ言われてしまうようになりました。その問題を引き起こしてしまった要因を挙げるなら、大量生産や大量消費という現代の時代の流れに伴うものであったと言うことができ、安価で、しかも製造が速くできるものが期待されていたせいだと思います。その結果、手入れが楽で使いやすい合成化学物質で製造され、処理された建材を安易に使うことで、このような問題が浮き上がりになってしまったと言えます。
     日本の国内市場においては、基準に合格していない安い輸入による合板が過半を占めており、低コスト用の住宅に用いられ、高気密や高断熱の住宅が増える傾向が強まっています。昔の住宅のように、自然換気が難しくなり、室内のホルムアルデヒドが抜け難くなってしまい、この問題が発生して、世間に取り上げられるようになりました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家具材による人体への影響とその実態について
    本来、人を守るという役割を担っていた家は、その性質を変えてしまい、近年においては、化学物質などに支配され、逆に健康障害までも引き起こす原因とさえ言われてしまうようになりました。その問題を引き起こしてしまった要因を挙げるなら、大量生産や大量消費という現代の時代の流れに伴うものであったと言うことができ、安価で、しかも製造が速くできるものが期待されていたせいだと思います。その結果、手入れが楽で使いやすい合成化学物質で製造され、処理された建材を安易に使うことで、このような問題が浮き上がりになってしまったと言えます。
    日本の国内市場においては、基準に合格してい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。