異なる事業の複合企業体の誕生について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数350
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     近年、銀行と証券会社といった業態の隔たりを越えた合併や統合が行なわれる、という事例が多く見られるようになりました。金融持ち株会社のもとで、銀行と証券会社が共同する形で業務を行うことが一般化しています。例えば、保険会社が開発した商品を銀行窓口で販売する事を行うことや、銀行の持つ顧客を、資産運用の形で証券会社が話を勧めるなど、その会社の得意分野を生かしたビジネスモデルの構築が可能とされています。一般的には、大手の金融グループがその傘下に銀行や証券会社、保険会社といった様々な業務形態を抱え、商売を行うことが広まりつつあります。このような合併金融機関を、金融コングロマリットと称して呼ばれています。
     コングロマリットというものは、銀行、保険、証券など異なる業態の金融機関で構成する複合された企業体のことを指しています。持ち株会社などのもとで、共通の経営戦略を持って、互いの会社の相乗効果を高めることを目的に掲げています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    異なる事業の複合企業体の誕生について
    近年、銀行と証券会社といった業態の隔たりを越えた合併や統合が行なわれる、という事例が多く見られるようになりました。金融持ち株会社のもとで、銀行と証券会社が共同する形で業務を行うことが一般化しています。例えば、保険会社が開発した商品を銀行窓口で販売する事を行うことや、銀行の持つ顧客を、資産運用の形で証券会社が話を勧めるなど、その会社の得意分野を生かしたビジネスモデルの構築が可能とされています。一般的には、大手の金融グループがその傘下に銀行や証券会社、保険会社といった様々な業務形態を抱え、商売を行うことが広まりつつあります。このような合併金融機関を、金融コング..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。