在学中の職業経験について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数274
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     近年において、フリーター志向者や短期離職者の増加が大きな社会問題となっています。その要因として挙げられるのが、若年者達の職業観や就業意識についての希薄化が起こっていること、そして意識の多様化などが考えられます。このような事態を回避するためのも、大学や専門学校等を卒業した後、大半の学生が企業等に就職することを考え、職業人として必要な基礎能力や職業形成力を養うことが重要になってきます。社会人として働く意識を確立させるための教育が必要であると考えられているのです。在学中に様々な社会経験を積むことで自分の将来をきちんと設定し、志望する企業に入社し、活き活きとした人生を歩むためにも、事前の能力養成に注目が寄せられています。
     このような経緯を踏まえて、経済産業省や文部科学省、また厚生労働省では、インターンシップを積極的に推進しています。このインターンシップを取り入れている企業は年々増加している傾向にあります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    在学中の職業経験について
    近年において、フリーター志向者や短期離職者の増加が大きな社会問題となっています。その要因として挙げられるのが、若年者達の職業観や就業意識についての希薄化が起こっていること、そして意識の多様化などが考えられます。このような事態を回避するためのも、大学や専門学校等を卒業した後、大半の学生が企業等に就職することを考え、職業人として必要な基礎能力や職業形成力を養うことが重要になってきます。社会人として働く意識を確立させるための教育が必要であると考えられているのです。在学中に様々な社会経験を積むことで自分の将来をきちんと設定し、志望する企業に入社し、活き活きとした人生を歩むため..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。