企業間の協力関係の内容について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数317
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     企業経営には、原材料を購入する事の共同化や生産設備の共有を他社との協力で行うことがあります。この共同開発や共同研究といった過程、また販売ルートと物流の一本化の確定まで、どこまでを共同して提携を行うのか、その形態は様々にあります。そして、共通するのは、どの過程においてもお互いの会社にとってメリットを受け、ともに競争市場を勝ち抜く、という目的が狙いとなっています。
     経済のグロ−バル化の影響を受ける現在にあっては、どの企業も単独で事業の過程を、すべての市場において自社の持つ勢力を発揮していくのは、なかなか困難なものがあります。現代の社会情勢の中にあっては、競争優位性を保持することは難しいものとなっています。そこで注目されているのが、アライアンスです。このアライアンスは、今後とも盛んになっていくと考えられており、企業にとって適切なアライアンスを組むということは、今後の経営戦略にとって非常に重要な選択肢のひとつになっています。
     アライアンスというのは、共同といったものや、提携、またはコラボレーションなどといった言葉が含まれています。一般的には、これらを総称してアライアンスと称しています。 アライアンスの形態には様々なものがありますが、資本関係をともなうかどうか、というった事で大きく区別できます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    企業間の協力関係の内容について
     企業経営には、原材料を購入する事の共同化や生産設備の共有を他社との協力で行うことがあります。この共同開発や共同研究といった過程、また販売ルートと物流の一本化の確定まで、どこまでを共同して提携を行うのか、その形態は様々にあります。そして、共通するのは、どの過程においてもお互いの会社にとってメリットを受け、ともに競争市場を勝ち抜く、という目的が狙いとなっています。
    経済のグロ-バル化の影響を受ける現在にあっては、どの企業も単独で事業の過程を、すべての市場において自社の持つ勢力を発揮していくのは、なかなか困難なものがあります。現代の社会情勢の中にあっては、競争優位性..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。