民間主導型の公共サービスの台頭について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数411
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     社会資本というものは、私達が生きていくうえで必要最低限の社会的設備と、その設備を運営する行為の事を指しています。この社会資本の代表的な例として、空港や住宅設備、または市民の利用する公園などが挙げられます。このような社会資本の設備、また整備には非常に大きな資金の必要性が生じてきます。この資金と言うものは、市民の納めた税金によって国や地方自治体が出費しており、公共事業と名を変えて運営しています。しかしながら、現状のように経済の変化が激しくなっている状況において、この社会資本の運営に陰りが見え始めてきました。国の財政だけでは、公共事業の継続が困難になってきてしまったのです。
     そのような状況を踏まえて考え出されたのが、公共サービスの提供を民間主導で行う、という案です。この案の具体的な内容は、公共施設などに関わる設計を行うこと、その後の建設や維持管理を行うこと、そしてその施設の運営も行うこと、このように民間企業の資金と技術を活用し、効率的な公共サービスの提供を図るという内容です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民間主導型の公共サービスの台頭について
    社会資本というものは、私達が生きていくうえで必要最低限の社会的設備と、その設備を運営する行為の事を指しています。この社会資本の代表的な例として、空港や住宅設備、または市民の利用する公園などが挙げられます。このような社会資本の設備、また整備には非常に大きな資金の必要性が生じてきます。この資金と言うものは、市民の納めた税金によって国や地方自治体が出費しており、公共事業と名を変えて運営しています。しかしながら、現状のように経済の変化が激しくなっている状況において、この社会資本の運営に陰りが見え始めてきました。国の財政だけでは、公共事業の継続が困難になってきてし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。