企業の社会的な責任と提供すべきサービスについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数392
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     近年、製品やサービスの安全性について、またアフターサービスの充実、さらに消費者の意見の反映を求める消費者の運動が展開されるようになり、それに伴って企業の意識も変化してくるようになりました。今までのような企業の利益追求中心のマーケティングに対して、社会とのかかわりを重視するマーケティングの考え方が重要になってきたのです。
     このような考えを踏まえて考え出されたのがソーシャル・マーケティングです。ソーシャル・マーケティングは、1960年代の後半から70年代の前半にアメリカで生まれた意識改革です。企業が利益の追求や自社の顧客のことだけを考えている状況では、消費者の利便性だけを追求していることになります。このように、顧客志向のマーケティングでは、製品の大量消費によって環境汚染を進行させて、地域社会とのトラブルを誘発してしまう可能性が出てくるのです。この様な状況を踏まえて考え出されたのが、社会全体の利益や福祉の向上を意識して活動するという考え方です。 

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    企業の社会的な責任と提供すべきサービスについて
    近年、製品やサービスの安全性について、またアフターサービスの充実、さらに消費者の意見の反映を求める消費者の運動が展開されるようになり、それに伴って企業の意識も変化してくるようになりました。今までのような企業の利益追求中心のマーケティングに対して、社会とのかかわりを重視するマーケティングの考え方が重要になってきたのです。
    このような考えを踏まえて考え出されたのがソーシャル・マーケティングです。ソーシャル・マーケティングは、1960年代の後半から70年代の前半にアメリカで生まれた意識改革です。企業が利益の追求や自社の顧客のことだけを考えている状況では..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。