不動産取引を行うために必要な資格取得の流れについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数989
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     不動産取引の契約を交わすためには資格が必要になります。不動産のビジネスには、不動産売買について、不動産の仲介業、不動産の賃貸について、不動産の管理など多種にわたる業種があります。資格についてですが、これは独立開業に限らず、これらの業務を手がけている会社において、宅地建物取引主任は必要不可欠なものと取り決められています。その必要な資格である宅地建築取引主任者資格ですが、最近では不動産だけでなく、金融業界以外の業種においても大きなニーズが出てきています。例えば、銀行が融資をする場合、担保として不動産に抵当権を設定する時や、不動産が金融商品として取り扱われるケースなどが多くなっているので、資格の必要性が生じてきているためです。
     この資格についてですが、宅地建物取引主任者資格試験に合格し、都道府県知事の登録を受けて、宅地建物取引主任者証の交付を受けた者のことを指しています。宅地建物取引主任者は一定以上の知識や経験を持つ者として公的に認められた人物のことを指しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    不動産取引を行うために必要な資格取得の流れについて
     
    不動産取引の契約を交わすためには資格が必要になります。不動産のビジネスには、不動産売買について、不動産の仲介業、不動産の賃貸について、不動産の管理など多種にわたる業種があります。資格についてですが、これは独立開業に限らず、これらの業務を手がけている会社において、宅地建物取引主任は必要不可欠なものと取り決められています。その必要な資格である宅地建築取引主任者資格ですが、最近では不動産だけでなく、金融業界以外の業種においても大きなニーズが出てきています。例えば、銀行が融資をする場合、担保として不動産に抵当権を設定する時や、不動産が金融商品とし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。