土壌汚染に対する法律対策について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数381
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     近年のダイオキシンによる大気汚染や水質汚染、また土壌汚染に対する国民の不安が高まり、それらに対処するため、平成11年、土壌汚染に対する法律が制定されました。平成13年にこの法律が施行されています。
     この法律では、ダイオキシン類の排出ガスや排出水における濃度基準と排出基準を設定しています。ダイオキシン類を排出する施設を特定施設として定義し、その特定施設の設置にあたっては排出基準を遵守することを定めています。また、排出基準を超える排出に対しては、知事の改善命令などが定められています。他にも、知事によるダイオキシン類排出の常時監視と、排出者自身による測定を義務付けています。さらにダイオキシン類の土壌汚染を排除するため、知事がダイオキシン類土壌汚染対策地域を指定できるという制度を創設し、知事がその対策地域に関するダイオキシン類土壌汚染対策計画を策定する処置が取られています。
     このように、厳重かつ迅速にダイオキシン類の除去事業を実行する仕組みが設けられている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    土壌汚染に対する法律対策について
     近年のダイオキシンによる大気汚染や水質汚染、また土壌汚染に対する国民の不安が高まり、それらに対処するため、平成11年、土壌汚染に対する法律が制定されました。平成13年にこの法律が施行されています。
    この法律では、ダイオキシン類の排出ガスや排出水における濃度基準と排出基準を設定しています。ダイオキシン類を排出する施設を特定施設として定義し、その特定施設の設置にあたっては排出基準を遵守することを定めています。また、排出基準を超える排出に対しては、知事の改善命令などが定められています。他にも、知事によるダイオキシン類排出の常時監視と、排出者自身による測定を義務付け..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。