都市開発法に関する法律関連について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数666
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     町の整備に関して、近年様々な条例が取り決められています。中でも、都市開発法には細かく指定された基準が存在しています。都市開発法は、市街化調整区域で建築物の建築に関して開発許可の基準を定めています。また、第一種特定工作物の建設を目的とする開発行為を行う場合においても、この都市開発法は適応されています。都市における開発行為を行うために、原則として知事、あるいは市長の開発許可受ける必要があると定めています。開発行為には、建築物の建築や特定工作物の建設を目的とする、土地の区画形質の変更などが含まれています。
     知事、あるいは市が、この開発許可を与えるか許可しないかの基準は、都市計画法の33条と34条によって定められています。都市計画法第33条の基準には、日本国内のあらゆる地域において適用される法令であり、技術的基準として知れ渡っています。また、都市計画法第34条の基準は、市街化調整区域内において適用される基準です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    都市開発法に関する法律関連について
     町の整備に関して、近年様々な条例が取り決められています。中でも、都市開発法には細かく指定された基準が存在しています。都市開発法は、市街化調整区域で建築物の建築に関して開発許可の基準を定めています。また、第一種特定工作物の建設を目的とする開発行為を行う場合においても、この都市開発法は適応されています。都市における開発行為を行うために、原則として知事、あるいは市長の開発許可受ける必要があると定めています。開発行為には、建築物の建築や特定工作物の建設を目的とする、土地の区画形質の変更などが含まれています。
    知事、あるいは市が、この開発許可を与えるか許可しないかの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。