環境面を考慮した製品の製造過程について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数359
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     現代では、環境に優しい製品を作るにはどうすればいいのかという問題に対して、言葉ではわかっていても、実際にはどのように適用するのか、その判断に迷う場面が多いです。問題解決のための複数の選択肢が存在し、どの解決法を選ぶべきなのか迷う、というような場面が、現実には多くなってきています。このような場合、環境問題を概念的に考えるのではなく、製品の製作過程、そのすべての段階での環境に対する負荷を定量的に数値化して、判断の基準にする手法が注目されてきています。
     消費者に販売する製品が作られ、消費され、廃棄されるまでの全ての段階をライフサイクルと呼んでいます。このライフサイクルの段階で発生する、環境への影響を評価する行為をライフサイクル・アセスメントと言います。このライフサイクル・アセスメントは、材料の投入段階から廃棄物へ至るまでの過程、またリサイクルの段階に至るまでの広範囲を補っており、環境問題へどのように配慮するのか、その目的の明確化を計ることが出来ます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    環境面を考慮した製品の製造過程について
    現代では、環境に優しい製品を作るにはどうすればいいのかという問題に対して、言葉ではわかっていても、実際にはどのように適用するのか、その判断に迷う場面が多いです。問題解決のための複数の選択肢が存在し、どの解決法を選ぶべきなのか迷う、というような場面が、現実には多くなってきています。このような場合、環境問題を概念的に考えるのではなく、製品の製作過程、そのすべての段階での環境に対する負荷を定量的に数値化して、判断の基準にする手法が注目されてきています。
    消費者に販売する製品が作られ、消費され、廃棄されるまでの全ての段階をライフサイクルと呼んでいます。このライフ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。