新しい経営システムの構築の在り方について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数292
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     今日の日本において、ビジネスの国際化が進む状況にある中、多くの会社や企業が様々な分野で従来の雇用の仕組みや規則の見直しを余儀なくされています。インターネットによる情報収集が進んだ現在では、企業間の競争優位の源泉となるものに変化が起こっています。今までのような経営戦力に加えて、顧客との関係を重視するようになり、簡単な財政指標だけでは計れない要素が、経営を大きく左右するようになりました。そういった状況のもと、会社の経営戦略と整合しない権限の規定が行われていることや、人事に関する制度の下、色々な問題も浮き彫りになりました。戦略にそぐわない個人目標や、社員の育成開発計画などが設定される、といった問題が依然として解決されていないのも事実です
     このような問題を回避するためにも、組織が掲げる将来の目標に向かって事業戦略をいかにして実現するかが重要な要因となります。このため、古くから企業が採用している財務会計の指標だけでは、業績評価の対象として計るには時代遅れになりつつあると考えられています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    新しい経営システムの構築の在り方について
    今日の日本において、ビジネスの国際化が進む状況にある中、多くの会社や企業が様々な分野で従来の雇用の仕組みや規則の見直しを余儀なくされています。インターネットによる情報収集が進んだ現在では、企業間の競争優位の源泉となるものに変化が起こっています。今までのような経営戦力に加えて、顧客との関係を重視するようになり、簡単な財政指標だけでは計れない要素が、経営を大きく左右するようになりました。そういった状況のもと、会社の経営戦略と整合しない権限の規定が行われていることや、人事に関する制度の下、色々な問題も浮き彫りになりました。戦略にそぐわない個人目標や、社員の育..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。