ソニーショック 危機に陥ったのはなぜか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数5,270
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    はじめに
    SONYは仲間同士で立ち上げた小さな会社から日本を代表する大企業の電機メーカーになった。しかし、現在は業績不振が続き、学生の就職希望ランキングでも上位から落ちた。では、なぜソニーは危機に直面したのだろうか。今後、どうすればよいのだろうか。この二つを考えるにあたって最初にグループで出た意見を述べた後、私が考える原因を二つ挙げ、改善策を論じていく。
    グループディスカッション
    初めに危機に陥った理由について各自の意見を述べてみると、ソニーの技術者不足、エレクトロニクス事業の軽視、出井氏のリーダーシップに問題があったなど多くの意見が出た。しかし、私がその中で注目したいのは、ニュービジネスに取り掛かることについて反対意見と条件付賛成との二つに分かれたことである。私はゲーム事業や映画事業を行うことに反対ではない。なぜなら、ソニーのゲーム事業はプレイステーションを筆頭によい結果をもたらしており、映画事業もスパイダーマンなどで成功を収めているし、はこれから配信という新しい形での提供がますます浸透するであろう。危機に陥った主な原因は他に存在するのだと思い、後に細かく書いていきたい。それから、経営者のあり方についても盛り上がった。特に意見が分かれることはなかったが、大変多くの意見が出た。
    ソニーの戦略
    ソニーショックを引き起こした原因は、グループディスカッションでもでたようにいくつも存在する。主なひとつは売り上げの70%を占めるエレクトロニクス事業の落ち込みである。確かにエレクトロニクス事業は大きなソニーの柱である。その柱が2003年1-3月期で1161億円という巨額の営業赤字に転落すれば、企業全体に大きな影響を与えるのは当然であろう。しかし、ソニーがエレクトロニクス事業ではなく、新しくネットワーク事業を重視したことが一番の問題ではない。私はエレクトロニクス事業の転落よりその後の対策に問題があったと思う。その問題とは、ソニーショックが明らかになった後の対策の中に、最初に掲げた「ブロードバンド時代に対応した先端メディア企業」を目指す姿勢がソニーに見られなかったことだ。開発された製品はクオリア商品というネットワーク事業とは関係の無い商品ではないだろうか。メディア企業を目指しているにもかかわらず、機能ではなく高級感を重視したのである。経営陣が目指すソニーのビジョンは見えず、クオリア製品開発は短期的な利益率向上を望んだに過ぎない。創業者である森田氏が小型ラジオをブローバ社に販売しなかったエピソードとは対照的な行動だと感じた。
    ネットワーク事業に力を入れたため、エレクトロニクスが落ち込んだというのなら投資家も少しは納得したであろうが、ニュービジネスはエレクトロニクスの落ち込みをカバーできるほどの成長は無く、新たな対策もネットワーク事業とは関係がないのなら投資家だけでなく、社員の混乱や不信感を招くのは当然だと思う。社員の4割が経営者のビジョンがわからないというアンケートの結果がよい証拠である。出井氏の変動の激しい戦略は、市場でも社内でもまだ安定していないニュービジネスをさらに不安定にさせ、エレクトロニクスという事業にも悪影響を及ぼしてしまったのである。新しい展望であるメディア企業を目指すのは悪くない。ただ、ソニーの基盤であるエレクトロニクス事業の落ち込みに注意を払わず、その上不安定な戦略を行ったことがソニーを危機に追いやった大きな影響だと思うのだ。
    組織運営
    では、次にソニーと出井氏ソニーの組織運営について述べていきたい。
    創業当時のソニーとソニーショックが起きてしま

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに
    SONYは仲間同士で立ち上げた小さな会社から日本を代表する大企業の電機メーカーになった。しかし、現在は業績不振が続き、学生の就職希望ランキングでも上位から落ちた。では、なぜソニーは危機に直面したのだろうか。今後、どうすればよいのだろうか。この二つを考えるにあたって最初にグループで出た意見を述べた後、私が考える原因を二つ挙げ、改善策を論じていく。
    グループディスカッション
    初めに危機に陥った理由について各自の意見を述べてみると、ソニーの技術者不足、エレクトロニクス事業の軽視、出井氏のリーダーシップに問題があったなど多くの意見が出た。しかし、私がその中で注目したいのは、ニュービジネスに取り掛かることについて反対意見と条件付賛成との二つに分かれたことである。私はゲーム事業や映画事業を行うことに反対ではない。なぜなら、ソニーのゲーム事業はプレイステーションを筆頭によい結果をもたらしており、映画事業もスパイダーマンなどで成功を収めているし、はこれから配信という新しい形での提供がますます浸透するであろう。危機に陥った主な原因は他に存在するのだと思い、後に細かく書いていきたい。それから、経..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。