2段8進アップカウンタを順序回路の作成

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,046
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.概要
    2段8進アップカウンタを順序回路のいずれかを選択設計し、これを、IC等の吟味をして組み上げ、動作試験を行う。
    2.実験方法
    1)各種FF(flip-flop)の中からFFを選択し、入力要件表を作成してカウンタの設計を行う。尚、カウンタの大きさによりFFの必要個数は決まる。
    2)2段目と1段目を1つの表にして表すこともできるが、2段目を別の表として作成してもよい。その際、2段目が動作する条件により、1変数(C)増える。
    3)それぞれの表より、各FFのJとKの入力方程式をt=nの欄のQ0〜Qn或いはC〜Qnを使い加法標準形で表す。これを簡単化して理想的なカウンタ回路を作成する。
    3.実験結果
    「2段の8進アップカウンタ」を設計するにあたり、以降に設計手順および設計例を示す。FFはJK-FFを使用した。JK-FFの数は六個である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.概要
    2段8進アップカウンタを順序回路のいずれかを選択設計し、これを、 IC 等の吟味をし
    て組み上げ、動作試験を行う。
    2.実験方法
    1 ) 各 種 FF(flip-flop)の中から FFを選択し、入力要件表を作成してカウンタの設計を行
    う。尚、カウンタの大きさにより FFの必要個数は決まる。
    2)2段目と1段目を1つの表にして表すこともできるが、2段目を別の表として作成
    してもよい。その際、2段目が動作する条件により、1変数(C)増える。
    3)それぞれの表より、各 FFのJとKの入力方程式をt=nの欄のQ0~Qn或いはC~Qnを使
    い加法標準形で表す。これを簡単化して理想的なカウンタ回路を作成する。
    3.実験結果
    「2段の8進アップカウンタ」を設計するにあたり、以降に設計手順および設計例を示
    す。FFは JK-FF JK-FFの数は六個である。
    3-1.1段目の入力要件表と入力方程式
    表1. 1段目入力要件表
    t=n t=n+1 JK の入力要件
    Q2 Q1 Q0 Q2 Q1 Q0 J2 K2 J1 K1 J0 K0
    0 0 0 0 0 1 0 φ 0 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。