大型旅客機DC-10墜落事故について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数800
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート倫理事故技術

    代表キーワード

    倫理技術事故

    資料紹介

    墜落事故の概要
     大型旅客機DC-10墜落事故とは1974年、パリ郊外で墜落し、乗客全員346人が死亡した事故である。これが、倫理的に問題であるのは、ジェット機の設計の欠陥のためにこのような事故が起こるに違いないということが、以前から知られていたからである。
    問題点
     主な欠陥は飛行機の胴体部であり、それは飛行機会社マクダネル・ダグラス社の下請け会社コンベア社によって開発されたものである。胴体の開発計画を指揮していたコンベア社の上級技術者ダン・アップルゲイトは事故の2年前に同社の副社長宛にドアの設計のやり直しと、客室の床の強化を求めた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    事例 大型旅客機 DC-10 墜落事故
    墜落事故の概要
    大型旅客機 DC-10 墜落事故とは 1974 年、パリ郊外で墜落し、乗客全員 346 人が死亡し
    た事故である。これが、倫理的に問題であるのは、ジェット機の設計の欠陥のためにこの
    ような事故が起こるに違いないということが、以前から知られていたからである。
    問題点
    主な欠陥は飛行機の胴体部であり、それは飛行機会社マクダネル・ダグラス社の下請け
    会社コンベア社によって開発されたものである。胴体の開発計画を指揮していたコンベア
    社の上級技術者ダン・アップルゲイトは事故の 2 年前に同社の副社長宛にドアの設計のや
    り直しと、客室の床の強..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。