福祉国家の思想と原理について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数686
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    福祉国家とは、社会保障制度の充実と完全雇用の実現により国民の健康で文化的な生活を保障し、国民の福祉の増進を最優先しようとする国家であり、20世紀を象徴するかたちで本格的に成立してきた社会体制の一つといえる。それは主に以下の五つの構成要素をもつ。
    ?制度:社会保障制度の体系的整備(公的扶助、医療保険、年金保険、失業保険、社会福祉サービスなどの制度化)
    ?行政:政府とりわけ中央政府が管理・実施・財源上の責任を中心的に担う体制
    ?法律:生存権保障を含む基本的人権思想の普及
    ?経済:完全雇用などを目標とする政府の経済介入
    ?政治:国民の意思表示たる大衆民主主義と利益誘導型政治。
    これらの要素は19世紀後半の中央政府への集権的な権限集中、戦間期の広範な社会政策・社会保障政策の順次的な成立、第二次世界大戦後の需要管理型の経済政策と大衆民主主義の一般化などが歴史的に積み重なり、ベヴァリッジの思想に裏づけされてしだいに成立してきた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「福祉国家の思想と原理について述べよ。」
    福祉国家とは、社会保障制度の充実と完全雇用の実現により国民の健康で文化的な生活を保障し、国民の福祉の増進を最優先しようとする国家であり、20世紀を象徴するかたちで本格的に成立してきた社会体制の一つといえる。それは主に以下の五つの構成要素をもつ。
    ①制度:社会保障制度の体系的整備(公的扶助、医療保険、年金保険、失業保険、社会福祉サービスなどの制度化)
    ②行政:政府とりわけ中央政府が管理・実施・財源上の責任を中心的に担う体制
    ③法律:生存権保障を含む基本的人権思想の普及
    ④経済:完全雇用などを目標とする政府の経済介入
    ⑤政治:国民の意思表示たる大衆民主主義と利益誘導型政治。
    これらの要素は19世紀後半の中央政府への集権的な権限集中、戦間期の広範な社会政策・社会保障政策の順次的な成立、第二次世界大戦後の需要管理型の経済政策と大衆民主主義の一般化などが歴史的に積み重なり、ベヴァリッジの思想に裏づけされてしだいに成立してきた。
    第二次世界大戦のさなかの1942年、ベヴァリッジの「社会保険と関連諸サービスに関する報告(ベヴァリッジ報告)」が提出され、戦後イ..

    コメント1件

    yoshinori 購入
    参考になりました。有難うございました。
    2006/05/08 12:09 (10年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。