デリバティブ取引のメリットについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数666
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    デリバティブのメリットは第一にオフバランス取引であるということにある。株式、債券、預金を取引すれば必ずバランスシート(貸借対照表)に計上されるが、デリバティブ取引はバランスシートに計上する必要がない。たとえば株式の値上がり益を追及する場合、原資産だけの取引であると株式そのものを買わなければならないが、デリバティブを利用すれば、個別の株式オプション、東証の株式オプション、日経ダウのオプション、株式先物などを買えば良いのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    デリバティブ取引のメリットについて
    デリバティブ取引は、多様なメリットがあることで知られ、またその金融技術は金融・証券業務のリスクがマネジメント能力を格段に向上させたものである。
    デリバティブのメリットは第一にオフバランス取引であるということにある。株式、債券、預金を取引すれば必ずバランスシート(貸借対照表)に計上されるが、デリバティブ取引はバランスシートに計上する必要がない。たとえば株式の値上がり益を追及する場合、原資産だけの取引であると株式そのものを買わなければならないが、デリバティブを利用すれば、個別の株式オプション、東証の株式オプション、日経ダウのオプション、株式先物などを買えば良いの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。