ホールデンとハックの大人社会への反抗について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数906
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ライ麦畑でつかまえて
    『 ライ麦畑でつかまえて 』の主人公ホールデンは、文明社会から逃げ、生活をしている。社会から絶縁状態であり、今でいう“引きこもり”のような存在である。
    これは今の日本で起きている子供の思春期自体が社会問題になっていることに影響を及ぼしているかもしれない。現に『 ライ麦畑でつかまえて 』に出てくる主人公は大人社会に疑問を投じている。ホールデンが現在の引きこもりの人に多い、対人恐怖症やコミュニケーション能力の低い人と例えるなら、ホールデンがこの状況を正当化(楽しんでいるように)親のすねをかじって生活している引きこもりも同じことが言える。
    文中からホールデンは感受性が高く、苦しいという感情が麻痺しているのか、あまり苦しみを感じていないように見える。ホールデンのように、「特に目的をもたずに無気力に生きることは悪くはないと読者に思わせ、大人だけがそれを許されないのだと決めつけていること」に疑問を投げかけているように感じる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    外国文学
    「ホールデンとハックの大人社会への反抗について」
    ライ麦畑でつかまえて
    『 ライ麦畑でつかまえて 』の主人公ホールデンは、文明社会から逃げ、生活をしている。社会から絶縁状態であり、今でいう“引きこもり”のような存在である。
    これは今の日本で起きている子供の思春期自体が社会問題になっていることに影響を及ぼしているかもしれない。現に『 ライ麦畑でつかまえて 』に出てくる主人公は大人社会に疑問を投じている。ホールデンが現在の引きこもりの人に多い、対人恐怖症やコミュニケーション能力の低い人と例えるなら、ホールデンがこの状況を正当化(楽しんでいるように)親のすねをかじって生活している引きこもりも同じことが言える。
    文中からホールデンは感受性が高く、苦しいという感情が麻痺しているのか、あまり苦しみを感じていないように見える。ホールデンのように、「特に目的をもたずに無気力に生きることは悪くはないと読者に思わせ、大人だけがそれを許されないのだと決めつけていること」に疑問を投げかけているように感じる。
    しかし、結局は社会に反して生きることは難しく、ホールデンを通して読者自身が社会に対しての自分..

    コメント4件

    akane0218 購入
    とても役に立ちました。
    2006/09/18 16:22 (10年3ヶ月前)

    nicholl 購入
    ありがとうございました。
    2006/11/04 21:45 (10年1ヶ月前)

    nao2kminnie 購入
    ハックルベリーフィンと比較して考察しているのが
    とてもよかった。
    2006/12/13 22:18 (10年前)

    aizumi 購入
    レポート作成の際にとても参考になりました。
    ありがとうございました。
    2009/07/03 15:37 (7年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。